新たなジャンル、ライトノベルに挑む西島悠也

西島悠也|福岡でライトノベルを語る

西島悠也

 

ライトノベルというものを知っているだろうか、ライトノベルとは、「軽小説」を原義とした小説の分類名である。明確に定義付けられてはいないが若者向け、読みやすい文体、アニメ絵の表紙をしている物などがそう呼ばれやすい。通称「ラノベ」と呼ばれている。

 

その中でも西島悠也は異世界ものに興味を持っている。異世界ものには現在2つのジャンルが分けられる。1つは異世界召喚物、もう一つは異世界転生物である。

 

1つは異世界召喚物は現代社会から異世界の住人により召喚され魔王を倒す勇者としての使命があったり、個人的な理由や何かのトラブルで召喚されたりなどが多い。

 

もう一つの異世界転生物は、不慮の事故や報われない死に方をした人間が異世界にチート能力を持って転生する物語である。こちらは平和に生きたいがその才能がゆえに事件に巻き込まれていくストーリーが多いと感じる。

 

このような素晴らしいライトノベルの魅力をこれからも福岡から届けていきたいと思います。